台東区での葬儀の立ち振る舞いとは

台東区での「通夜」や「告別式」との相違点

台東区での「通夜」や「告別式」との相違点の写真

葬儀の際には、「通夜」「葬儀」「告別式」という言葉を耳にします。

この3つの用語はよく混同されていますが、意味は大きく異なります。お通夜では、故人と親しい友人や知人が参列し、故人の家族や親族と一緒にお参りをしてお別れをします。夜通し不本意ながら故人との別れを告げる儀式であることから「通夜」と呼ばれていますが、近年では参列できない人の告別式として認知されるようになってきています。夜通しで行われる儀式は少なくなり、今では短時間しか続かない「真夜中のお通夜」が主流となっています。提灯に火を灯して焼香するという昔からの風習を今でも守っている家庭も多いので、葬儀の流れやマナーを学んでおいても損はありません。葬儀とは、故人の冥福を祈り、お別れをする儀式のことで、葬儀のスタイルは、その人の死生観や宗教観と大きく関係しています。そのため、宗教や宗派によって葬儀の流れや形式が大きく異なります。しかし、儀式の流れや形式がどれほど異なっていても、共通しているのは「故人の冥福を祈り、丁寧な喪に服す」ということです。最近では、故人の意思を尊重した葬儀が一般的になり、家族葬や一日葬など多様化しています。葬儀と埋葬は似たような意味で使われることが多いですが、葬儀は故人を弔う儀式であり、告別式は文字通り故人との最後のお別れです。友人や知人などの喪主にとっては、故人と一緒に過ごせる最後の時間です。昔は、葬儀の後に葬儀を行い、喪主がお墓に納骨するのが一般的でしたが、近年では葬儀と告別式を一緒に行うこともあります。同様に、プライベートで葬儀を行い、別の日に告別式や告別式を行うのが一般的になってきています。