台東区での葬儀の立ち振る舞いとは

台東区における葬儀の役割

台東区における葬儀の役割の写真

人が世に出てきて、いろいろな人と交流して、そして死んでいく。

葬儀は、これらの人たちに死亡を知らせ、死亡を確認する(相続人を紹介する)という社会的な役割を持っています。人の死は、遺族や関係者に悲しみと心痛をもたらします。死の事実も受け入れなければならない。死期、通夜、告別式、葬儀、告別式、その後の法要など、葬儀の長いプロセスの中で、遺族は死を受け取ります。葬儀は、ご遺族の心のケアをするためのものです。近年、様々な悲惨な事件が起きています。葬儀に参列することは、命の大切さを認識する場面です。時間が経つと体は腐敗していきます。故人の尊厳を守るためには、遺体を埋葬するか火葬する必要があります。遺体の扱いは、故人とのお別れです。狭義には「喪中」(葬儀)ですが、広義には「葬儀」です。つまり、死期を迎えてから葬儀・法要に至るまで、遺族などが行う一連の儀式のことです。葬儀の儀式で行われる一連の儀式は、宗教的な機能だけでなく、遺族の心の中にある悲しみや痛みを癒すためのプロセスでもあります。