台東区での葬儀の立ち振る舞いとは

葬儀の作法

葬儀の作法の写真

お供え物といえば、果物やお菓子、ロウソク、線香などが一般的です。

神前式では線香は使わないので、代わりに日本酒が使われます。お供え物には、お花とリースの2種類があります。花は白い花、または白い花に黄色や紫の花を添えて贈ることが多いです。最近では、従来のフラワーアレンジメントの代わりに、淡い色の花も使われるようになりました。故人が気に入ったお花を贈れば、遺族も喜んでくれるはずです。キリスト教の儀式では、生花のみをお供え物として使用することができます。いずれの場合も、故人が花の受け入れを渋っている場合がありますので、事前に家族や介護者に相談しておくと良いでしょう。祭壇を飾るためのアレンジメントもあるので、お花のアレンジメントは早めに行いましょう。花輪は葬儀社に注文することができます。ただし、路上に置かれているため、スペースの関係で断られることもあるので、事前に確認しておくようにしましょう。また、花輪は団体や公的な立場の人に贈られることがほとんどです。個人の場合は、花が無難です。出張中や療養中など、故人を見舞うことができない場合は、弔電を送ることができます。遺族に電報を送る。故人の名前は知っていても喪主の名前がわからない場合は、「故人の名前」の後に「ご遺族へ」と付け加えることができます。葬儀場などで行われた場合は、「〇〇ホール通知・喪主名」とします。NTTのハローページの文例は、NTTのホームページに掲載されています(市外局番なし)。刺繍電報やエンボス電報など、様々なデザインの電報があります。弔電を依頼された場合は、特別な事情がない限り、丁寧に対応しましょう。遺族からお悔やみの言葉を求められたら、「私でよければ」と謙虚に言いましょう。あるいは、故人と特に親しくされていた方で、弔辞を読みたいという方は、そのようにしてもよいでしょう。その場合は、できるだけ早く遺族やスポンサーに依頼をしましょう。弔辞の正式な書き方は、ロール紙やライスペーパーに淡い色のペンで書きます。ペン字でも良いのですが、弔辞は遺族の手元に長く残るものなので、楷書で丁寧に書くようにしましょう。不安な場合は、誰かに書いてもらうといいでしょう。あなたの弔辞は難しいものではありません。故人の人柄を伝え、自分の思いを表現するだけでいいのです。親指の目安としては、3分程度の長さ(400ワード2~3枚)が良いとされています。内容は、故人との関係性、故人の功績や功績を述べ、故人の人となりを洞察し、最後に家族への弔辞と故人のご冥福をお祈りするものとします。司会者の呼びかけで、祭壇まで歩いて行き、遺族と故人に一礼します。泣く泣く弔辞を取り出して読んでみてください。焦らず、ゆっくり、はっきりと読むようにしましょう。弔辞は事前に大声で練習しておくと長文になります。朗読が終わったら、本を外来に巻きつけて祭壇に供え、お辞儀をして席に戻ります。私服のお通夜は、適度なものであればOKです。ただし、男性が淡い色のスーツを着ている場合は、黒のネクタイを締め、左腕に黒の喪章をつけるようにしましょう。女性はメイクやアクセサリーは控えめに。葬儀や告別式の際の服装は、ショートフォーマルスーツが一般的です。男性は黒か紺色のダークスーツに黒のネクタイをした方が良いでしょう。靴下や靴も黒。女性の場合、スーツは黒の無地のワンピースやスーツに、黒のバッグと靴を合わせています。ストッキングは黒か肌色のものを使用してください。デザインはシンプルにして、夏でも肌を露出しすぎないようにしましょう。和装の場合は、無地の色、帯や小物も黒になります。どちらの場合も、メイクは最低限にとどめ、アクセサリーはパールだけにしましょう。